病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 紹介予約 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報
病院広報誌
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
ジェイコー版病院総合医(ホスピタリスト)育成プログラム~平成30年度募集中~

令和3年度 天草中央総合病院 臨床指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1.年齢階級別退院患者数

qi01ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 7 17 92 116 174 213 479 658 466 181
令和3年度に当院を退院した患者様の年齢を10歳刻みで集計したもので、患者様の年齢構想を把握することができます。
当院は、天草地区の地域中核病院であり、「やさしさと思いやりのある医療をすべての患者様へ」を理念とし、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しております。
高齢化の影響で60歳以上の患者様の入院が多く、全体の74.2%を占めております。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

qi02ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2:なし 117 21.675 20.570 36.752 83.188
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 110 3.009 2.650 0.000 64.136
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2:5あり 29 13.966 19.920 0.000 80.172
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 28 15.321 13.120 10.714 79.286
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 25 14.400 9.070 0.000 66.960
内科での患者様の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
誤嚥性肺炎の患者様が多く、特に高齢の患者様が重症化しやすいため、平均在院日数も長くなっております。2番目に多いのは内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術で、当院では日本消化器内視鏡学会専門医が実施しております。3番目は肺癌で、抗がん剤による化学療法の症例です。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:8あり 27 6.333 4.210 0.000 64.074
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 22 5.864 5.880 4.545 65.227
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1:なし 20 10.600 10.150 0.000 70.950
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 16 7.000 7.110 0.000 55.250
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 13 6.000 4.740 0.000 64.462
外科での患者様の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
乳房の悪性腫瘍で抗がん剤による化学療法の症例、また乳房の悪性腫瘍で乳房部分切除術の症例が多く、乳腺疾患に関しては、日本乳癌学会認定医、健診マンモグラフィー読影認定医師、日本乳癌学会乳腺専門医の資格を有し、信頼される適性な医療を提供しております。次いで胆のう炎、鼠径へルニアの症例です。
 

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 52 38.308 23.020 9.615 76.250
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 50 35.540 25.320 68.000 83.900
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 24 43.333 26.480 0.000 62.583
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 22 11.227 6.940 0.000 58.455
160690xx99xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 19 43.105 19.340 26.316 81.158
整形外科での患者様の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
令和2年4月より整形外科専門医の常勤医師が勤務しております。外傷、骨折の全般的治療や変形性膝関節症、膝関節スポーツ障害を専門とする医師により人工関節置換術、関節鏡による半月板切除術などの治療を行っております。

 

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 6 4.667 4.920 0.000 73.667
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 重症度:発症前Rankin Scale 0、1又は2 5 17.600 15.630 60.000 72.400
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 2 29.500 18.900 0.000 83.000
010060x2990420 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:2あり 重症度:発症前Rankin Scale 3、4又は5 2 44.500 31.040 50.000 82.000
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 2 12.000 8.300 0.000 67.500
脳神経外科での患者様の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
当科では急性期治療後のリハビリテーション目的の患者様を受け入れております。高齢の患者様が多く、自宅への退院が難しいうえに、退院後の受け入れ施設がないなどの理由で全国平均と比べ平均在院日数が長くなっております。



 

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 副傷病:なし 49 4.878 4.230 4.082 75.714
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 48 10.292 9.390 0.000 32.875
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 39 6.590 4.340 0.000 62.718
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 34 15.735 8.310 0.000 71.118
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 22 3.000 2.870 0.000 53.182
産婦人科での患者様の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
当科は地域産科中核病院として周産期医療に力をいれております。帝王切開術や子宮全摘出術の症例、また婦人科疾患では卵巣腫瘍、子宮筋腫の保存療法や悪性腫瘍に対する化学療法・放射線治療が多くなっております。



放射線科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9904xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 25.730
100020xx99x1xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:1あり 24.230
11002xxx99x0xx 性器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:なし 9.140
110070xx99x1xx 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2:1あり 26.360
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:3あり 12.660
※10未満の数値は-(ハイフン)にて表示
放射線科での患者様の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
天草地域の医療圏では放射線治療ができる施設が当院のみのため、放射線治療目的の入院が殆どです。


皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症   手術・処置等1:なし 23 14.826 13.070 4.348 58.609
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2:なし 13 15.538 7.680 0.000 76.308
080007xx010xxx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2:なし 13 8.308 4.010 0.000 65.231
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 10 4.600 6.180 0.000 56.200
080110xxxxx0xx 水疱症   手術・処置等2:なし 8 28.750 29.170 25.000 81.375
皮膚科での患者様の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
令和3年4月より、皮膚科専門医の常勤医師が勤務しており、皮膚腫瘍摘出術等の手術を行っております。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

qi03ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - 20 1 第8版
大腸癌 - 15 1 第8版
乳癌 32 32 - - 46 1 第8版
肺癌 14 27 - 96 1 第8版
肝癌 - 1 第8版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約※10未満の数値は-(ハイフン)にて表示
現在、日本で最も罹患率の高い5つのがんの病期分類(ステージ)と再発の症例数を集計したものです。
当院はがん診療連携拠点病院として積極的にがん治療を行っております。医師、緩和ケア認定看護師、がん化学療法看護認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師、薬剤師、管理栄養士、理学・作業療法士等にてチーム医療に取り組んでおります。化学療法室も完備しております。外来化学療法室も完備しております。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等

qi04ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 39 17.333 79.103
重症 - - -
超重症 - -
不明 - -
※10未満の数値は-(ハイフン)にて表示
成人(20歳以上)の肺炎患者様について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。※重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROP)により分類され、医療コストと安全性から軽症肺炎は外来治療、中等症は外来または入院治療、重症・超重症は入院治療となります。
肺炎は罹患率が高いうえ、死亡率も高く、悪性新生物、心疾患に次いで国内の死亡原因の上位に位置する疾患です。肺炎治療のため、安静や長期臥床による活動低下にて廃用症候群を予防するため、早期のリハビリテーションの実施を積極的に取り組んでおります。

 

5.脳梗塞の患者数等

qi05ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 15 24.333 77.533 40.000
その他 5 16.200 79.200 20.000
脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。
脳梗塞は発症後早期(3日以内)に入院される患者様が過半数を占めています。その他は、急性期病院での治療後のリハビリテーション目的にて転入院された患者様です。

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

qi06ファイルをダウンロード


内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 106 0.962 1.047 0.000 64.104
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
K6535 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他)
K654 内視鏡的消化管止血術
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上)
※10未満の数値は-(ハイフン)にて表示
内科での手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
1番目、3~4番目は内視鏡による大腸ポリープ切除術や胃ポリープ切除術です。
2番目は腹水に対し行われます。利尿剤投与などの保存的療法でコントロールできない難治性腹水に対する治療法です。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 22 1.000 3.864 4.545 65.227
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 17 1.000 7.235 0.000 57.000
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 14 1.000 8.000 0.000 69.143
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
※10未満の数値は-(ハイフン)にて表示
外科での手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
1番目は乳腺悪性腫瘍手術で乳房を温存する手術法です。術中に、乳癌細胞が最初に到達するとされるリンパ節の生検を行うことも多いです。
2番目は胆のう結石症や胆嚢炎などに対して行う手術です。
3番目は乳腺悪性腫瘍手術で、術前診断で腋窩リンパ節転移がない、または可能性が少ないもので癌の進行範囲が広く、乳房部分切除が困難な症例です。
4番目は鼠径ヘルニアに対して行う手術です。
5番目は抗がん剤の動脈内注入法などを行うためにカテーテル、ポートを留置する手術です。

整形

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 69 1.942 34.565 8.696 74.565
K0461 骨折観血的手術(大腿) 35 1.600 33.657 71.429 86.229
K068-2 関節鏡下半月板切除術 28 1.000 9.750 3.571 63.750
K0542 骨切り術(下腿) 26 1.038 41.538 0.000 63.154
K0811 人工骨頭挿入術(股) 20 2.100 36.100 55.000 78.550
整形外科での手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
1番目は変形性膝関節症などに対して行う手術です。
2番目は骨折した場合に非観血的な方法ではよい結果が期待できない時や、早期から離床させて関節運動を始めさせたい時に骨折部を手術的に開いて直接整復と内固定を行う方法の手術です。
3番目は半月板損傷などに対し、関節鏡下にて半月板の一部または大部分を切除するものです。
4番目は先天性奇形、骨折後の変性治癒や関節症で外見が極めて悪かったり、機能障害が起こっているときに、骨をある部分で切り、角度を変えたりずらしたりしてよい形にする手術です。
5番目は大腿骨骨折に対し行われます。骨頭を保存しての治療が難しいとき、金属の骨頭に入れ替え、関節機能を取り戻す手術です。   

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 38 1.947 8.053 2.632 33.132
K877 子宮全摘術 33 1.000 13.061 0.000 55.121
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 29 1.690 13.621 0.000 71.793
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 29 1.897 7.931 3.448 31.069
K872-32 子宮内膜ポリープ切除術(その他) 22 1.000 1.000 0.000 53.182
 産婦人科での手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
1番目と4番目は帝王切開術です。予定されている場合と緊急で行う場合があります。
2番目は子宮筋腫や子宮内膜症に対し行われます。
3番目は子宮脱に対し行われます。前後腟壁形成術に腟式子宮全摘術を組み合わせた術式で術後の腟壁脱出や小腸脱の予防にもなる手術です。
5番目は子宮内膜ポリープに対し行われます。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 1.625 13.125 0.000 77.750
K424 頬悪性腫瘍手術 - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
※10未満の数値は-(ハイフン)にて表示
皮膚科での手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
1~2番目は皮膚の悪性腫瘍疾患に対し行われます。
3~5番目は皮膚や皮下にある腫瘍を切除するものです。腫瘍ができている場所や大きさにより行われます。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

qi07ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0.083
異なる 0.125
180010 敗血症 同一 0.042
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 0.333
異なる 0.042
※10未満の数値は-(ハイフン)にて表示
播種性血管内血液凝固症候群、敗血症、手術・術後の合併症について入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して症例数と発生率を示したものです。
播種性血管内血液凝固症候群、敗血症とは感染症による全身性の重傷な病状です。
手術・処置等の合併症とは医療ミスとは異なりすべての術式・処置にて一定の確率で起こりえるものです。
当院での発生率はどれも10症例未満と少なくなっております。
更新履歴
2022/09/29
新規掲載
PageTop