病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 紹介予約 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報
病院広報誌
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
ジェイコー版病院総合医(ホスピタリスト)育成プログラム~平成30年度募集中~

令和2年度 天草中央総合病院 臨床指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
 
 

1.年齢階級別退院患者数

 
ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 16 63 126 113 189 368 544 443 183
令和元年度に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したもので、患者さんの年齢構想を把握することができます。
当院は、天草地区の地域中核病院であり「やさしさと思いやりのある医療をすべての患者様へ」を理念とし、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しております。
高齢化の影響で60歳以上の患者様の入院が多く、全体の74%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
 
 
 

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

2.qi02_clinical_departments_top5 (1)ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 143 3.028 2.660 0.000 64.014  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2:なし 89 35.652 20.510 30.337 84.640  
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:9あり 29 13.069 9.420 0.000 74.103  
110310xx99xxxx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 28 27.357 13.000 14.286 80.857  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 21 9.810 4.940 0.000 69.0905  

内科で患者様の数の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
内科では内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が多く、当院には、日本消化器内視鏡学会専門医がおり、実施しております。二番目に多いのが、誤嚥性肺炎の患者が多く、特に高齢の患者様が重症化しやすいため、平均在院日数も長くなっております。3番目は肺癌での抗がん剤による化学療法の症例です。


 

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 26 6.846 4.860 0.000 72.038  
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 26 6.962 6.020 0.000 59.423  
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:4あり 22 4.955 4.150 0.000 57.909  
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1:なし 21 10.857 10.300 0.000 67.095  
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:8あり 17 5.176 4.310 0.000 53.412  
外科での患者数の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
1番目に多いのが鼠径ヘルニア手術となっています。2~5番目は乳房の悪性腫瘍で乳房部分切除術を施行するもの、また乳房の悪性腫瘍に化学療法を行う治療となっています。乳腺疾患に関しては、日本乳癌学会認定医、健診マンモグラフィー読影認定医師、日本乳癌学会乳腺専門医の資格を有し、信頼される適正な医療を提供しております。
 



整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 38 40.921 18.810 2.632 81.132  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 34 38.118 23.360 17.647 76.853  
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 29 66.241 25.090 37.931 85.690  
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 22 10.591 7.040 0.000 65.636  
070343xx99x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2:なし 20 24.100 13.340 10.000 82.550  
整形外科での患者数の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
当院では令和2年4月より、整形外科専門医の常勤医師が勤務し、手術等を行っております。外傷、骨折の全般的治療や変形性膝関節症、膝関節スポーツ障害を専門とする医師により人工関節置換術、関節鏡による半月板切除術などの治療を行っております。

 

 

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:4あり 副傷病:なし 重症度:発症前Rankin Scale 0、1又は2 8 25.500 15.640 12.500 74.875  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 7 6.857 4.940 0.000 72.714  
010060x0990201 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:2あり 副傷病:なし 重症度:発症前Rankin Scale 0、1又は2 5 50.000 15.660 20.000 83.200  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 4 18.500 8.180 25.000 54.000  
160800xx99xxxx 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 3 63.667 15.200 66.667 92.000  
脳神経外科での患者数の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
当科では、急性期治療後のリハビリ目的の患者様を受け入れております。
全国平均と比べて平均在院日数が長くなっている理由として、高齢で自宅退院が難しく、退院後の受け入れ施設がないため、長くなっております。



産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 38 10.237 9.450 0.000 32.237  
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:5あり 副傷病:なし 36 6.917 4.340 0.000 69.806  
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・ 24 5.292 4.440 0.000 66.000  
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 24 15.500 8.430 4.167 70.875  
120140xxxxxxxx 流産 18 2.667 2.420 0.000 31.889  
産婦人科での患者数の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
当院では平成20年より地域産科中核病院となっており、周産期医療に力を入れております。令和2年度は帝王切開や子宮全摘出術を行うための入院が1番でした。また、産婦人科疾患では、卵巣腫瘍、子宮筋腫等の保存療法や手術療法、悪性腫瘍に対しての化学療法や放射線治療を行っております。



放射線科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx99x1xx 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2:1あり 26.820  
060010xx97x2xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2:2あり 38.780  
060010xx99x2xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2:2あり 27.400  
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2:2あり 28.740  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒)   手術・処置等2:なし 副傷病:なし 3.810  
※10未満の数値は、-(ハイフン)
放射線科での患者数の多い、DPC14桁分類についてDPCコード、名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を上位5位まで示したものです。
天草地域の医療圏では放射線治療ができる施設が当院のみのため、放射線治療の入院が殆どです。
 
 
 
 

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

3. qi03_uicc_type (1)ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - - - 第8版
大腸癌 - - - 第8版
乳癌 29 51 - - - - 第8版
肺癌 13 30 - - - 第8版
肝癌 - - 第8版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※10未満の数値はー(ハイフン)
現在、日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃・大腸・乳・肺・肝)の病期分類(ステージ)と再発の症例数を集計したものです。
当院はがん診療連携拠点病院として積極的にがん治療を行っております。
医師、緩和ケア認定看護師、がん化学療法看護認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師、がん放射線看護認定看護師、薬剤師、管理栄養士、理学・作業療法士等にてチーム医療に取り組んでおります。
外来化学療法室も完備しております。
 
 

 

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等

4.tqi04_com_acquired (1)ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 11.833 47.583
中等症 65 23.692 79.723
重症 - - -
超重症 - -
不明 - -
※10未満の数値はー(ハイフン)
成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
※重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROP)により分類され、医療コストと安全性から軽症肺炎は外来治療、中等症は外来または入院治療、重症・超重症は入院治療となります。
肺炎は罹患率が高い上、死亡率も高く、悪性新生物、心疾患について国内の死亡原因の上位に位置する疾患です。肺炎治療のため、安静や長期臥床による活動性低下にて廃用症候群を予防するため、早期のリハビリテーションの実施を積極的に取り組んでおります。

 
 

5.脳梗塞の患者数等

5qi05_ci_icd10 (1)ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 19 33.000 31.579 78.000
その他 11 50.000 45.450 85.455
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。
脳梗塞は発症後早期(3日以内)に入院される患者様が過半数を占めています。その他の患者様が見受けられるのは、急性期病院での治療後のリハビリ目的にて転院してこられた患者様です。
平均在院日数が長くなっておりますが、後遺症が残ることも多く長期のリハビリテーションが必要なため、入院期間も長くなっております。
 

 
 

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

6.qi06_ope_days_top5 (1)ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 135 0.956 1.059 0.000 64.081  
K654 内視鏡的消化管止血術 11 1.182 21.000 0.000 76.818  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)  
K6535 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他)  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)  
※10未満の数値は-(ハイフン)
内科での手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
1番目、3~4番目までは内視鏡による大腸ポリープ切除術や胃ポリープ切除術です。
2番目は消化管出血がみられるときにする止血術です。
5番目は抗がん剤の動脈内注注入法などを行うためにカテーテル、ポートを留置する手術です。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 25 1.000 4.960 0.000 59.400  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 17 1.647 10.941 0.000 65.235  
K6335 鼠径ヘルニア手術 15 1.267 4.333 0.000 73.400  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 13 1.000 7.462 0.000 66.769  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 12 1.000 5.083 0.000 68.083  
※10未満の数値は-(ハイフン)
外科での手術件数の多い順に5手式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
1番目は「乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))」で乳房を温存する手術法です。術中に乳癌細胞が最初に到達するとされるセンチネルリンパ節生検を行うことも多いです。
2番目は「腹腔鏡下胆嚢摘出術」です。胆のう結石症や胆嚢炎などに対して行うものです。入院期間は平均12日位です。
3番目と5番目は鼠径ヘルニアに対して行う手術です。開腹で行う術と腹腔鏡下で行う術となっています。
4番目は「乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))」です。術前診断で腋窩リンパ節転移がない、または可能性の少ないもので癌の進行範囲が広く、乳房部分切除が困難な症例が適応です。

整形

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 42 1.071 36.000 14.286 79.952  
K068-2 関節鏡下半月板切除術 24 1.125 8.708 0.000 65.280  
K0461 骨折観血的手術(上腕) 23 2.696 61.435 30.435 84.130  
K0542 骨切り術(下腿) 20 1.050 40.750 0.000 68.450  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 14 2.000 53.500 50.000 83.643  
整形外科での手術件数の多い順に5術式について、患者数、手術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
1番目は「人工関節置換術(股)」で、変形性関節症などに行われます。
2番目は「関節鏡下半月板切除術」です。半月板損傷などに関節鏡下にて半月板の一部または大部分を切除します。
3番目は「骨折観血的手術(上腕)」で、骨折した場合に非観血的な方法ではよい結果が期待できないときや、早期から離床させて関節運動を始めさせたい時に 骨折部を手術的に開いて、直接整復と内固定を行い方法の術です。
4番目は「骨切り術(下腿)」です。先天性奇形、骨折後の変性治癒や関節症で、外見がきわめて悪かったり、機能障害が起こっているとき、骨をある部分で切り り、角度を変えたり、ずらしたりしてよい形にする術式です。
5番目は「人工骨頭挿入術(股)」です。大腿骨の骨折などに行われます。骨頭を保存しての治療がむずかしいとき、これを金属の骨頭を入れ替え、関節機能を  取り戻させる術です。   

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 47 2.660 8.170 0.000 32.681  
K877 子宮全摘術 25 0.960 14.080 4.000 53.520  
K861 子宮内膜掻爬術 22 0.955 1.000 0.000 53.136  
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 20 1.050 13.700 5.000 71.700  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 17 2.353 9.059 0.000 33.529  
 産婦人科での手術件数の多い順に5術式について、患者数、手術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示したものです。
1番目と5番目は「帝王切開術」です。予定されている帝王切開術と緊急で行う帝王切開術です。
2番目は「子宮全摘術」です。子宮筋腫や子宮内膜症などに行われます。
3番目は「子宮内膜掻爬術」で、子宮体癌や子宮内膜増殖症など前癌病変の性状などを調べるためにこの手術を行うことがあります。
4番目は「子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式)」です。子宮脱などの術に行われます。前後膣壁形成術に膣式子宮全摘術を組み合わせた術式で術後の膣壁脱出や小腸脱の予防にもなる術です。
 



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

7.qi07_dic_rate (1)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 -
異なる 0.049
180010 敗血症 同一 -
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 0.097
180040 手術・処置等の合併症 同一 0.243
異なる
※10未満の数値は-(ハイフン)
播種性血管内血液凝固、敗血症、真菌感染症、手術・術後の合併症について入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して症例数と発生率を示したものです。
播種性血管内凝固症候群・敗血症とは感染症による全身性の重症な病状です。
真菌症とはカビの一種です。一般に免疫機能が正常であれば、真菌感染症が体の奥の器官まで広がることはありません。
手術・処置等の合併症とは医療ミスとは異なりすべての術式、処置にて一定の確率で起こりえるものです。
当院での発生率は、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症ともに10症未満と少なくなっております。
更新履歴
2021/09/28
新規掲載


PageTop