病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 紹介予約 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報
病院広報誌
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
ジェイコー版病院総合医(ホスピタリスト)育成プログラム~平成30年度募集中~

天草子宮頸がん予防セミナーが開催されました。

 6月6日金曜日に、みやはらレディースクリニックの宮原陽先生を当院にお迎えして、天草子宮頸がん予防セミナーが開催されました。宮原先生は熊本大学産婦人科での勤務を経て、昨年熊本市で開業された新進気鋭の産婦人科医です。現在クリニックで子宮頚部腫瘍のレーザー蒸散療法を行うとともに、熊本大学病院や熊本赤十字病院に出向いて、婦人科がんの手術を実施されています。
 本セミナーで宮原先生は、子宮頸がんの原因はヒトパピローマウィルス(HPV)であること、諸外国ではHPVワクチンの接種が進んで子宮頸がんの発症が減少していること、我が国では2013年にHPVワクチンの積極的勧奨が中止され、事実上HPVワクチンの接種が行われなくなったこと、その結果我が国では20~30歳代の若年者の子宮頸がんが急増している現状を発表されました。その上で、我が国でHPVワクチンの積極的勧奨が中止された経緯を述べられ、その発端となったワクチンの副反応とされる「痛み」、「歩行障害」、「記憶障害」などの症状は、その後の大規模調査で、ワクチンを接種していない同世代の女性にも同程度発生し、ワクチンとの関連性が見いだされなかったことを述べられました。さらに、我が国では欧米諸国と比べて子宮がん検診の受診率が低いことを示され、子宮がん検診受診の重要性を強調されました。
 講演には、産婦人科の先生方のみならず、小児科や内科の先生方も多く出席されました。講演後は、HPVワクチンをいかに我が国で普及させるべきか、多方面から熱い議論がなされました。
                                            (院長 芳賀 克夫)

20190606_1  20190606_2
PageTop