病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 紹介予約 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報
病院広報誌
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
ジェイコー版病院総合医(ホスピタリスト)育成プログラム~平成30年度募集中~

リハビリテーション科

riha01 入院から在宅生活へ、医療から介護・福祉へと「切れ間の無いリハビリテーションサービスを提供し、患者様とご家族に信頼され、地域に必要とされる」そんなリハビリテーション部門を目指してスタッフ一同、毎日笑顔で頑張っています。

理学療法

  • 整形外科疾患(保存療法や手術後)や脳卒中による片麻痺の方をはじめ様々な疾患の方に対して、急性期から在宅生活・職業復帰に至るまでアプローチを行っています。
  • 具体的には、片麻痺の回復、筋機能や関節機能の改善、呼吸機能の改善、寝返り~立ち上がるといった基本的動作能力の獲得、車椅子や歩行などの移動能力の向上のためのリハビリテーションを中心にその内容は多岐にわたっています。また、痛みのある方に対しては様々な物理療法(温熱、電気、光線、超音波など)機器を用いたり、徒手で痛みを除去し身体機能の改善を図る等行っています。
  • 在宅復帰の方には、必要に応じ多職種で自宅を訪問し、住宅改修プランや介護指導、リハビリ指導などを行っています。

作業療法

  • 身体または精神に障がいのある方に対して、生活していくために必要な動作や、社会に適応するための能力の回復をめざし、治療を行います。
  • リハビリテーション室内にはADL(日常生活活動)・調理練習コーナーが設けてあり、作業療法では特に在宅での生活環境を想定してADL・IADL(手段的日常生活活動)練習(床上動作、家事動作等)を実施しています。また退院前には、在宅を訪問し、環境調整や動作指導を行っています。

言語聴覚療法

  • 当院の言語聴覚療法は、脳卒中や、肺炎などにより話すことや食べる事が困難になった方に対して、機能回復、在宅復帰に向けたアプローチを行っています。
  • 言語聴覚療法室では、1対1での言語訓練や認知機能訓練(あたまの体操)を行います。また、食べることが困難になった方に対しては、ベッドサイドで食べる能力の評価・訓練を行い、もう一度食べる事が可能となるようにサポートをしていきます。定期的に栄養カンファレンスに参加することで、他職種と連携し、栄養面や褥瘡予防にも介入しています。
 

熊本県より「地域リハビリテーション広域支援センター」の指定を受けています。

PageTop